読書で金持ちにはなれないが、
読書しないと金持ちには絶対になれない

誰かの本にあったので、主婦の読書力、試してみました。
読書した知識を実行して、億り人めざします

2017年01月19日

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 

お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力…はこう「動いた」


 
 学生時代、日本史とか世界史とかが好きでしたので
 世界の歴史でお金の流れをひもとく、って趣旨に
 とっても期待して読みました

 良かったですよ〜

 最初のつかみが良かった
『ローマ帝国滅亡は「脱税」が原因』とかね


お金の流れでわかる世界の歴史 あらすじ


 ローマ帝国は“脱税”で滅んだ
 ナポレオンは“金融破綻”で敗れた
 
 お金の流れを読むだけで、歴史はよくわかる、さらに面白く見えてくる!
「お金」「経済」「権力」の5000年の動きを徹底的に追跡調査!





お金の流れでわかる世界の歴史 ネタバレ



 目次を書きだすと、どんなことが書かれてるかわかりやすい。


 序  「お金の流れ」で読み解くと、「世界史の見え方」はガラリと変わる!
第1章 古代エジプト・古代ローマは“脱税”で滅んだ
第2章 ユダヤと中国ーー太古から“金融”に強い人々
第3章 モンゴルとイスラムが「お金の流れ」を変えた!
第4章 そして世界は、スペインとポルトガルのものになった
第5章 海賊と奴隷貿易で“財”をなしたエリザベス女王
第6章 無敵のナポレオンは“金融戦争”で敗れた
第7章 「イギリス紳士」の「悪徳商売」
第8章 世界経済を動かした「ロスチャイルド家」とは?
第9章 明治日本の“奇跡の経済成長”を追う!
第10章 「世界経済の勢力図」を変えた第一次世界大戦
第11章 第二次世界大戦の“収支決算”
第12章 ソ連崩壊、リーマンショックーー混迷する世界経済


 日本人は、アジアにはめずらしく「わいろ」が少ない国と言われてます
 ロッキード事件とかありましたけどね(><)

 世界のお金、って歴史の中では
 ユダヤ人の存在は欠かせません
 でもって、ユダヤ人の思考を具現化したのが資本主義
 ってマルクスは言っているようですが、これは納得

 始皇帝も、貨幣を統一して中国と統一してます
 で、日本の平清盛とかの本を読むと出てきますが
 宋銭、ってのが沢山でてきます
 日本に貨幣鋳造の技術と、それにたいする補償がなかった時代に
 日本でも宗銭が公の銭として流通してました
 日本以外のアジア全域で
 今の、ドルと同じ感じ
 で、宗からのちの中国は鋳造することで儲けてました
 作るだけでいいんだもんね

 モンゴル征服による流通革命とか
 イスラムの税率のクリアさと軽さ、とか
 
 海賊と奴隷貿易での英国の富国ぶりとか
 徴兵制、って画期的なシステムでの強兵とか
 
 植民地政策の悪辣ぶりと
 今も残る民族憎悪とか

 ロスチャイルドが力を失ったのは、現在の株式組織の金融についていけなかったから
 とか

 アジアで植民地にならなかったのはタイと日本だけだけど
 日本には、統一国家になった強みがあった(植民地政策の部族間分裂憎悪作戦が成就しなかった)
 で、戦後の奇跡の復興より
 維新後の世界経済への浸蝕の方がでかかった

 アメリカがした貿易の勝ち逃げと
 第一次大戦後のドイツへの締め付けと、ヒットラーへのノーベル平和賞受賞未遂とか
 ま〜〜〜
 おもしろかった!!

 世界経済の授業の副読本にしてほしいと思いました

 過去を知ることで現代を見つめ、未来を予測する

 アメリカのトランプさん
 何をしでかすかわからないし・・
 
 とってもおススメです!!





 本日は、訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/


新品のビジネス本、アフィリエイト本を合法的に安く買う方法はこちら

主婦ばビジネス本で金持ち(億り人)になるのトップは←こちら。別窓で開きます。

金持ち(億り人)になるためのビジネス本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445774174

この記事へのトラックバック