読書で金持ちにはなれないが、
読書しないと金持ちには絶対になれない

誰かの本にあったので、主婦の読書力、試してみました。
読書した知識を実行して、億り人めざします

2015年07月25日

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 金持ちにだけ通じる基本=常識を学ぼう

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?


 ゴールドマン・サックス、ハーバード、マッキンゼー
 三大会社の、グローバルエリートが実践する仕事術。
「レスポンスの速さがあなたの評価」
「信頼を得る念押し型報告」
「会社は退学せずに卒業する」など、
 一生成長し続けるための基本を公開! ってことでした


戸塚隆将(トツカタカマサ)


 慶應義塾大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックスにて、日米欧アジア企業のM&A(事業譲渡)アドバイザリー業務に5年間従事。
 その後、ハーバード経営大学院(HBS)にてMBA取得後、マッキンゼー&カンパニーに転じ、
 2007年、シーネクスト・パートナーズ株式会社を設立し、代表取締役に就任。


ビジネス本 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? あらすじ



 世界最強の投資銀行、ゴールドマン・サックス
 世界最高のコンサルティング・ファーム、マッキンゼー
 世界最上級のビジネス・スクール、ハーバードで学んだ、一生成長し続けるための仕事のコツ48。



ビジネス本 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? ネタバレ



1 人との「つながり」に投資する/
2 自分の内面と外見を磨く/
3 時間に支配されずに働く/
4 決定的なコミュニケーションで成果を出す/
5 利益を生む資料と会議で貢献する/
6 世界に打って出るキャリアを高める

 世界のエリートはみんなお友達、ってのがわかる本でした
 そして、お友達は、みんな共通の常識があって
 その常識を知って、しっかり上を目指して頑張りましょう、って
 でも、上から目線ではなく
 とってもわかりやすい、ビジネスの基本を書いた本でした
 おススメです

名前を瞬間的に覚えてしまう人は、知的に見えます。

どこから来たの?が、ありきたりだけど、深まる質問
だって、自分に関心を向ける人に、人は好意を抱きやすいから

フィードバックは、職場じゃなくて、飲み会が多い

名刺交換は、握手が終わり、お互いの自己紹介が済んだあとに、片手でサラリと渡す

アフターユー(お先にどうぞ)はハーバードの常識で、日本でも常識ですね

ハーバードのプログラムは、世界に変化をもたらすリーダーを育てること

インターネットの発達で、情報そのものでは差がつかない
情報から、いかに自分の意見を持ち、意味合いを引き出せるかが、カギ

紙で新聞を読む理由は、その取り上げ方を把握するため

チャートを作ることでロジックを整理し、骨太の結論やメッセージを導き出す
骨太の意見は、斬新である必要はない。普遍で、根拠がしっかりしてれば貴重な意見になる

考えると調べるは違う

ITリテラシーの高さが、ビジネスパーソンの成果に直結してる

相談相手に対して、きちっと準備をして相談に来た、風に見えるのが、メモ取り

ビジネスマンの身だしなみで差が出るのは足元
靴だけでなく、ズボンも。

朝イチにメールはチェックしない
朝はアイデアとか集中することを

メモする三つの理由
1、備忘録
2、内容の整理
3、話し手に聞き手の理解を示す

レスポンスの早い人ほど一流

プレゼン資料は3色まで




 本日は、訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/




この記事へのトラックバック