読書で金持ちにはなれないが、
読書しないと金持ちには絶対になれない

誰かの本にあったので、主婦の読書力、試してみました。
読書した知識を実行して、億り人めざします

2015年07月17日

スタバ株は1月に買え! ほんとにお役立ちなカレンダー買い。私も実践中

スタバ株は1月に買え! 



 ブログやマネー誌でいま人気の個人投資家が
 30万円で始めた株で1億円を突破したマル秘手法を公開!

 企業業績も株価チャートの知識も必要なし。
 年率40%超を目指すビジネス思考の投資術!

 私は株をやって8年になりますが、このやり方は本当におススメです

 30万円が1億になるのは難しいかもしれなませんが
 5年で300万円は確実に超えると思いますよ


夕凪(ユウナギ)


 ネットワークスペシャリストの資格を持ち大手IT企業に勤めながら、
 30万円から始めた投資資金をキャッシュで家を買えるほどまで殖やすことに成功。
 2012年1月に約20年勤めた会社を退職し、専業投資家の道を選ぶ。
『ダイヤモンドZAi』ミニ株バトル優勝、『日経マネー』個人投資家年間MVP、
『日経ヴェリタス』アルファブロガーの情報力として登場するなど、
 個人投資家として数々のマネー誌で注目される


ビジネス本 スタバ株は1月に買え! あらすじ



● プロと勝負したら確実に負ける!
● 株式は少数派が勝つ!
● プロの予想の逆を行け!
● アナリストの推奨銘柄は買うな!
● 相場に「絶対」はありえない!
● バブルを怖がるな、一緒に踊れ!
● 普通ほど怖いものはない!
● 損切りを褒めろ!
● チャンスは何度もやってくる!

 1月に買って3月に売るだけ!

 株主優待投資で代表的な銘柄をひとつ挙げろと言われたら、
 私はスターバックス コーヒー ジャパンを取り上げます。

 1月最初の営業日の寄り付きに購入し、そのまま保有。

 3月23日を経過した最初の営業日に売却するトレードを行ったら、
 2004年から2014年までの11年間、
 一度も負けたことがないという結果が出ました!

 株式投資にはリスクがあります。イベント投資も同じです。
 そのリスクをできるだけ小さくして、リターンをいかに大きくできるか。
 しかも、上げ相場でも、下げ相場でも儲け続ける。
 それができるのが、イベント投資だと思っています。

 イベント投資は、一瞬にして一財産を築く手法ではありません。
 年率で言えば、30〜40%を目指す手法です。

 ただし、デイトレのように、パソコンの前に張り付く必要はありません。
 ファンダメンタルズ投資やテクニカル投資のように、
 難しい知識を知る必要もありません。

 必要なことは、高い株価でも買ってくれる場と人を予測して、
 その株式を安いときに仕入れることです。
 サラリーマンなら常日頃行っていることと同じです。

 だからこそ、イベント投資はサラリーマン投資家に向いていると思います。

 もちろん、本書の内容を全てまねする必要はありません。

 そして、あなたオリジナルの投資方法を新たに生み出してください。
 そのための指針も紹介しています。





スタバ株は1月に買え! ネタバレ


第1章 30万円で始めた株で1億円を達成!

第2章 株で儲ける仕組みは花屋に学べ!
     ──イベント投資のキホン

第3章 スタバ株は1月に買え!
     ──実践 株主優待投資

第4章 株を始める前に知っておきたいこと
     ──数字が示す儲けのヒント

第5章 プロの土俵にあがるな!
     ──個人投資家 9つの心得

第6章 専業投資家への道
     ──千里の道も一歩から





 これは、本当におススメでしたね

30万円を元手に、株で1億円を達成!
紙に書いて貼っておいたら、達成しました、ってとこがいいです
引き寄せの法則ですな〜

買い建ての信用評価損益率
マイナス10%を下回ると相場の雰囲気が悪くなり
マイナス15〜マイナス20%で低迷期
マイナス3%以上で高揚期

相場環境がいいと、個人投資家がより多く買ってくれるので、仕込みを増やす

機関投資家の投げ売りを狙う
会社の内規などで、保有している理由を出資者に説明できない株は売る傾向にある
たとえば不祥事などのスキャンダルの株を持っていることの説明ができないときに
売る→株が下がる
でも、業績そのものが堅ければ、株は上がるから、買っとく

株主優待銘柄の株価は
権利付き最終日の三営業日前に売却するのが基本

これ、私が売却するより早いな〜
私は権利付き最終日の前日の寄り付き

権利月の半ばをすぎて高騰する株がある
この時は、急騰した時に売る

階段状態であがるときはひっぱり
急騰する時は、急騰後に少し下がったとこで売り

急騰後に、ローソク足の陰線が出たら売り時 
 ↑
これは、どの株にも当てはまる

値上がりしやすい優待株
女性、子供、オタクがキーワード

コロワイド、チムニーは年間4万円

株主優待は家族対策

株主総会にはお土産がでる、とこもある
 ↑
最近は、経費削減が減ったね〜

株価の動きは三か月でクセがある

1〜3月期


年明けがご祝儀相場
前年末上昇の反動で下げ続き

2月低調で調整

3月から徐々に上昇
  ↑
配当取り、優待取りの個人投資家参入

国内投資家の買いも活発
  ↑
日本の機関投資家の成績は3月末で決まるから
だから自己保有の株を買い(買が増えると株価が上がる)
売りは控える

個人投資家も、3月が一番利益が出しやすくなる
配当、優待の良い株は上がりやすいので、積極的な買いスタンスで


4〜6月期


3月の上昇トレンドが4月まで続く

4月の後半から、GWを挟んで下落へ
  ↑
私はいつもこの頃、益のあるのは全部手じまう
基本、損切りとナンピン買いはしないので

海外ヘッジファンドの半期決済の売りで下落

5月中下がりトレンドで
6月に入って下げ止まり
決算がでる6月後半から上がりへ


7〜9月期


 相場がダレル
 自信がないときはお休みがおススメ
  ↑
 私はなるべく、そうしてます
 下がったかな、ひろおかな、って思っても
 さらに下がったりするのがこの時期

 皆様夏休みで薄商い
 
9月の配当取りで、後半、ちょこっと上がります


10〜12月期


さぁ、年末に向かっての収穫期ですよ〜

でも、10月は海外勢の決算売り
個人投資家の節税対策売りもはじまって軟調
  ↑
でも、仕込み時でもあると、私は思ってます

11月下旬以降は決算期を終えた海外勢が戻ってきます
日本の投資家が3月末で成績がきまるなら
海外の投資家は12月末で成績がきまります
株を買って、相場での株価上昇を目論見こそすれ
売って、下がらせるようなことはしません

さらに12月の終わり
感謝祭明けから上昇がはじまり
日本ではボーナスシーズンで個人投資家参入
で、掉尾の一振、っていう上昇トレンドへ

ものすご〜く乱高下しますので
個人投資家は、11月下旬ころに仕込んで
上昇トレンドを見極めたら買い増しして
12月の掉尾の一振を待って売る、
年末中に益出し、がおススメ
 ↑
私もできるだけ年末で一回、全部売りをめざしてます
売ったあとで
もちっとあがったり
1月にあがったりしますが
気にしないようにしてます

個人投資家が儲けるチャンスは年二回
2月中旬から4月中旬
11月末から12月末

格言のウソホント
節分天井、彼岸底
 ↑
これは現在、正反対に動いてますね〜

サマーラリー
 ↑
夏は上昇する、ってことですが
嘘ですね〜

鯉のぼり天井
 ↑
当たってますね。GWが天井で、あと急降下です

掉尾の一振
 ↑
当たってますね〜

年初の三営業日でその年の相場を占う
年初3営業日に株価が上昇すると、その一年はリターン好調

押し目買いは月の後半が有利

ウィンドードレッシング
窓飾りって意味で
3月末、6月末、9月末、12月末は
外資系の機関投資家のお化粧買いが入る、ってことですね
  ↑
ただし、それをするのは
Jリートは東証二部とかの、パイが小さいとこです

大引けで買って、翌朝の寄り付きで売る
これ、けっこうテッパン
週末は特にね

干支の格言より、西暦格言の方が当たる

辰巳天井、馬尻下がり、羊辛抱、申鳥騒ぐ、戌笑い、猪固まる、子は繁栄、丑つまづき
寅千里を走る、卯跳ねる

で、米国市場では、末尾が5の年は素晴らしい成績が出る

年間平均上昇率
末尾が5年と9年はマイナスにならない

落ちてくるナイフは掴むな
が格言ですが、投資に慣れてきたら(ぶっこむ資産が増えたなら)
大きなチャンスです
ただし、大型の、倒産の危険のない株ね

個人投資家は1〜3月が勝負

バブルは怖がらずに一緒に踊ろう
  ↑
これは、実家の母がやりました
売り抜けましたからね〜

売り時は、金利が下がったとき
金利が下がると、一度好感して上がります
で、その時に逃げる

ニーサ
私、どんどん使い捨てることにしました
そしたら、この本でも、そんなことが書いてありました
ニーサで買って、上がったらどんどん売りましょ〜
ニーサだろうがなんだろうが
株は塩漬けしちゃいけません・・

まず口座を開く
二部上場株(安い)から始めてみる

マネー雑誌
お役立ちは、投資手法やインタビュー記事
おススメ株情報は今一つ

監理銘柄を買う、ってものあり
慣れてからね
監理銘柄を出ると急上昇する、のがテッパンなんで







 本日は、訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/



posted by 夫婦で毎月20万円 at 00:00 | TrackBack(0) | 株・投資、で金持ち(億り人)になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421449783

この記事へのトラックバック