読書で金持ちにはなれないが、
読書しないと金持ちには絶対になれない

誰かの本にあったので、主婦の読書力、試してみました。
読書した知識を実行して、億り人めざします

2015年07月13日

年収は「住むところ」で決まる マーケティングの企画書の資料におススメ 

年収は「住むところ」で決まる 



 日本は格差社会になりつつありますが
 世界的にはまだまだ中流層がでっかくて
 すむ場所で明確に格差があるわけではないです

 なので、この本はそのまま日本に置き換えられませんが
 いろいろ、おもしろい指摘がありまして、イッキ読みしました



年収は「住むところ」で決まる あらすじ



 「イノベーション都市」の高卒者は、「旧来型製造業都市」の大卒者より稼いでいる!?

 新しい仕事はどこで生まれているか?「ものづくり」大国にとっての不都合な真実。




年収は「住むところ」で決まる ネタバレ



 昔、農村より都市に住む人の方が年収が高かった(今も、一部はそうかも)
 工場が来ると、雇用が生まれ、サラリーマンとしての収入が生まれ
 と、場所に人間は縛られました

 その後、ネット社会になりまして、地方と都市に、差がない、ってなってますが
 日本の10年先を行くアメリカでは、ネット社会だからこそ、発展は場所に左右される
 って感じになってるようです

 Aという都市に、ネット集積の会社ができると
 その会社の働き手めざして、飲食店や美容院ができて、裾野が広がる
 そのお金の流れは
 何もない都市のお金の流れよりずっと大きくて
 当然、年収にも差がある、って感じでしょうか

 日本にそのまま当てはめることはできませんでしたが
 面白かったです

 マーケティングの企画書を書くときの参考とかに、なりそうでした






 本日は、訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/




この記事へのトラックバック