読書で金持ちにはなれないが、
読書しないと金持ちには絶対になれない

誰かの本にあったので、主婦の読書力、試してみました。
読書した知識を実行して、億り人めざします

2015年06月23日

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 橘玲 2013年現在のいろんな知識満載 

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル


 2013年発売の最新作。

橘玲(タチバナアキラ)


2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー
臆病者のための株入門
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
貧乏はお金持ち



 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル あらすじ



 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル
 恐れる必要はない、しかし、備える必要はある。
 たった3つの金融商品で「国家破産」は怖くない/
 経済的リスクを“奇跡”に変える。




 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル ネタバレ



 アベノミクスはその端緒となるのか
  大胆な金融緩和→国債大量発行→国債価格の暴落→物価高騰→財政破綻…。

 そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の最悪のシナリオ"。
 その時、私たちはどうなってしまうのか?
 どうやって資産を生活を守っていくべきなのか?

 ってことが書いてありました。

第1部 序(近未来小説・日本人を待っていた浅い眠り/最悪のなかの最善を探せ)/
第2部 破(普通預金は最強の金融商品/たった3つの金融商品で「国家破産」はこわくない)/
第3部 急(財政破綻時の資産運用戦略/経済的リスクを“奇跡”に変える)

 私は、時にあとがきから読みます
 この本で
 日本の財政破たんから資産を守るには、海外投資しかない、って勧められた人の話が載ってます
 高配当をうたう毎月分配型
 それを、外貨(ブラジルレアル)でヘッジした上に
 ハイイールド(クズ債券)を使う

 国家破綻のリスクより、このファンドのリスクの方が大きい
 
 こういう知識のない人のための本です

 ほんと、要約するなら
1、日本の財政が破たんに向かっていても、当分は、普通預金で大丈夫
2、破綻したとしても、手近の金融商品だけで、資産のかなりは守れる
3、海外投資するにしても、ネット銀行の外貨預金でじゅうぶんだ。

 そして、金融機関が熱心に勧誘するウマそうな話はすべて無視する。

 おもしろかった知識は、「ブラックスワン」
 17世紀にオーストラリアで黒鳥が発見されるまで、スワンとはホワイトだけだと思われてました。
 それを引用し、一つの事実が、過去の常識を一瞬でひっくり返すことをいいます。

 で、金融のリスクも想定できることには保険がかけられるが、ブラックスワンには誰も何もできない、って

 人類にとっても最大のリスクは国家権力です
 ユーロ危機がつきつけたのは、構造的な問題は現実化する
 戦争や内乱という破滅的な事態に比べれば、財政破たんなど容易に対処可能
 そして、財政破たんは国債金利を見ればわかる。

 弱肉強食。あの東北大震災も、食い物にされるとこでした。
 被災した日本企業が、資金確保のための海外資産を売却する、って思って
 ヘッジランドが投機的な円高を仕掛けました。この時は先進国の協調で、円高は修正されました。

 戦争や内乱と違って、市場での出来事は継続性が強いので、ゆっくり進むから、考える時間はある。

 外貨預金はドルが一番
 金(ゴールド)は、ギャンブル投資。リーマンショックの時も下がりました。
 日本の信用がある限り、物価連動型の国債で十分
 その先に進みそうな時は、ファンドを解約して、円資産を外貨資産に換えるので十分
 そして現在、それはクリック一つでできます。

 財政破たんしたら、最大の円の買い手は日本
 大規模な円買い(ドル売り)
 この時に、富裕層は手元にある円を外貨に両替すれば良い


 

 本日は、訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/


posted by 夫婦で毎月20万円 at 00:00 | TrackBack(0) | 橘玲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420522530

この記事へのトラックバック